ドローンの番組なら

TVを観なくなってくると、じゃあ何をするんだって考えますよね。
家でゴロゴロしてるだけだったら、やっぱりTVでも観ればいいんでしょうけど、私はどちらかと言うと、音楽と読書ですね。音楽が好きなので、TVを点けちゃうと音楽を楽しめないですから。

それより、外へ出て何かをしたくなりますね。そう言えば、長いことゴルフもやっていないことを思い出しました。天気が良ければ、とにかく外へ出て何か身体を動かすことをしたいなって思います。必ずしもスポーツみたいな意味で身体を動かさなくてもいいと思うんです。釣りとかだっていいんじゃないかって、よく思ったりします。私は釣りはしないけど。

今、一つ考えていることがあるんです。友だちに影響受けたんですけどね。ラジコンのおもちゃです。というより、ドローンなんです。最近話題だし、気になってはいたんですが、友だちが買って始めたんですけど、話を聞いているうちに自分も飛ばしてみたくなりました。

とりあえず自分用のドローンを買わないといけないので、ネットで購入することにしたんです。参考になるサイトもありました。→ こちら
やっぱり、人のやつを借りて練習するわけにはいかないですからね。自分用を手に入れて、自分の好きな時間に練習することにしました。

ちょっとコツを掴めば、結構飛ばせることが分かってきました。飛ばしている間は、知らず知らずかなり集中するんですよ。我を忘れるっていうのは言い過ぎかもしれませんが、夢中になってる感じです。
これならTVを観ているよりおもしろいです。でも、ドローンがメジャーになってくると、TVで大会とかの放送するかもしれませんよね。そんな時はTVを観てもいいかなって思ってます。ドローンの番組を観たいだけだけど^_^

急な葬儀は慌てます

TVを観なくなった理由はいろいろあるんですが、些細な理由の一つに、亡くなった親父がTV好きでいつも時代劇とか懐メロの番組を観ていたもんですから、親父を思い出したくなくて、そうした番組を意識的に観なくなったっていうことも影響しています。

TVを観ていた親父と自分が重なるのが嫌なのかもしれません。TV番組って、別に時代劇や懐メロばかり放送しているわけでもないのに、ちょっと変ですよね。
うちの親父はけっこう早く亡くなったんです。今の基準だと高齢者にさえなっていませんでした。ずっと無茶ばかりやってたんですが、一度大きな手術をやってから、すっかり弱くなってしまいました。亡くなった時も急死だったんです。私が第一発見者だったんですが、後に遺る者の煩わしさを考えてくれたのかなって思うくらい呆気ない最後でした。

急に亡くなった分、慌てましたよ。私は長男ですし、葬式を始めいろんな段取りをいっぺんにこなさないといけなくなって、半分パニックだったことを思い出します。私はそうした経験があるものですから、身近な人が急に亡くなったりすると大変なのがよく分かります。
ですので、葬式なんかでも、段取り良く行うために業者のアタリが付いていることで助かったりするので、何度かアドバイスしたこともあります。今は何でもネットで済ませる時代ですが、葬式も例外ではありません。
ネットでの葬式相談や依頼を勧めている人もいるので、参考になります。→ 葬儀・葬式の準備が必要なら

親父がまだ健在だったら、どんなTVを観ているのかなって、親父のことを思い出すこともあります。時代劇や懐メロ番組は最近でもコンスタントに放送してますもんね。古い番組の再放送が多いようですけど。
私はTVをまともに観ないんですが、そうした古い番組がなぜいつまでも放送されているのか、なんとなく分かる気がするんです。番組のネタが無くなっただけが理由じゃなくってね^^;
今度気が向いたらいっぺんくらい観てみようかな、懐メロ。親父がいつもカーステ(死語かな?)で聴いていた演歌を聴くのも供養になるかもしれませんしね。